ハイヒールについて

ハイヒールを女性が履いているのを目にしたことはたくさんあると思います。
ハイヒールは女性用の靴であり、「高いかかと」という意味の靴になります。
靴は、女性の色気を演出する効果などもあり、欠かせない装飾品の1つになることもあります。
かかとの部分が高く作られているため、実際よりも身長が高く見えたりもします。
なお、かかとの部分が高く尖っている場合の靴は「ピンヒール」とも呼ばれています。
ハイヒールの種類は、パンプスやサンダル、ブーツなどがあり、種類は数多く存在しています。

ハイヒールの歴史として、紀元前にもかかとを高くした靴が存在したことが確認されています。
しかし、現在のような靴の原型は、17世紀のフランスのパリで履かれたハイヒールが原型とされています。
現在では、改良され履き心地が良くなり、世界各地に広まっています。

ハイヒールの構造上の特徴として、かかとが履いている人の全体重を一点に背負っていることになり、かかとの部分に力を入れて地面を踏めば、コンクリートのブロックでさえも踏み砕くことができる位の力を持っています。
また、ハイヒールを履いている時にも注意が必要で、不注意から歩いている時に、バランスを崩してしまうと、かかとの部分が壊れてしまうこともあります。
履いているメリットとして、身長を高く見せることができるため、頭身を高く見せて、色気や魅力を演出することができます。
しかし、デメリットもあります。
女性のスタイルを悪化させたり、外反母趾を促進してしまったり、アキレス腱を常時緊張させた状態でいるため転倒しやすくなるなどの問題点もあります。
そのため、いつも履くのではなく、見せるための時や記念の時など、自分を強調したい「勝負時」に履くことをおススメする人が多いです。

Copyright © 2014 ハイヒールを女性が履く理由や時期 All Rights Reserved.